製品案内
床版資材、土間コン資材
RC造 柱・梁のせん断補強筋
  フラッシュフープ
  OT685
  KSS785
  MK785
  スパイラルフープ
基礎鉄筋
その他金網
耐震補強資材
その他建築資材


安定計算ページはこちら
資料請求ページはこちら
会社登録ページはこちら


 MK785フープ
  785N/mm2級高強度せん断補強筋
BCJ評定-RC0419-01
写真 写真


 MK785フープとは

  MK785フープは、降伏強度785N/mm2、引張強度930N/mm2級の高強度鉄筋を使用したせん断補強筋です。短期許容せん断応力度は普通鉄筋SD295Aの2倍の590N/mm2が採用できます。母材は(株)向山工場によって製造されたMK785(国住指第4958-1号)を使用した製品です。電炉材使用の為、スクラップを主原料としたエコロジーな製品です。せん断補強筋最大手として、今までに培った信頼と実績のノウハウを電炉785の市場でも発揮するべく、(株)向山工場とともに製品化を実現させた商品です。


 製品の特徴

  ・母材は(株)向山工場によって製造されたMK785(大臣認定番号 MSRB-0067)
・ 普通鉄筋と比較し、せん断補強筋量が減少し過密配筋が解消されます
・ 直棒材使用の為、捻れやそりの少ない加工が可能(コイル材との比較)
・損傷制御のための設計が可能
 設計用せん断力の割増係数を別途定め、短期荷重時のせん断力に対する損傷制御のための検討で
 短期せん断力の設計が可能
・重ね継手を取得 180°フック付重ね継手の長さ(L1h)
 L1h=55d以上 梁成の高い地中梁スターラップで重ね継手の採用が可能

MK785を用いた基礎梁はこちらへ

種類の記号 MK785
折曲げ角度 180° 135° 90° 180°
内側直径(D) 4d以上 4d以上 4d以上 4d以上
余長 6d以上 6d以上 12d以上 6d以上
重ね長さ - - - 55d以上

使用鉄筋
記号 MK785
表面形状
大臣認定 国住指 第4958-2号 MSRB-0067
工法一般評定 BCJ評定 RC0419-01

せん断補強筋の許容引張応力度
長期 195N/mm2
短期 590N/mm2

KSS785資料ダウンロードへ