製品案内
床版資材、土間コン資材
RC造 柱・梁のせん断補強筋
  フラッシュフープ
  OT685
  KSS785
  MK785
  スパイラルフープ
基礎鉄筋
その他金網
耐震補強資材
その他建築資材


安定計算ページはこちら
資料請求ページはこちら
会社登録ページはこちら


 普通鉄筋スパイラルフープ

スパイラルフープは、鉄筋コンクリート造及び鉄骨・鉄筋コンクリート造の土木建築の主として柱筋に用いるせん断補強筋です。
この製品には、円形のものと角形の2種類があります。この製品はスパイラル形状になっているため、一括取り付けが可能で工期短縮が図れ、精度の高い配筋が可能です。製造可能範囲はJIS G 3112「鉄筋コンクリート用棒鋼」に規定されたSD295A〜SD490の普通強度のD10〜D16の3サイズです。
 


使用段数の算定(一定ピッチの場合)


重量の算定



スパイラル筋の定着および重ね継手

末端は1.5巻以上の添巻をし、6d以上の余長をもつ曲げ角135°のフックをつける。


製造可能寸法 (単位mm)
製品形状 最小寸法 最大寸法
X(横) Y(縦) X(横) Y(縦)
角型フープ D10 250 250 1,500 1,500
D13 250 250 1,500 1,500
D16 250 250 1,500 1,500
丸型フープ D10 250 1,750
D13 300 1,750
D16 400 1,750
*上記以外の形状をご希望される場合は、お問合せ下さい。