イノシシ対策:イノシッシフェンス

イノシッシフェンスの性能
   
ジャンプが得意なイノシシも忍び返しがあっては跳び越えられることはできません。   鼻で物を持ち上げるのが得意なイノシシも、フェンスをアンカーで固定されては歯がたちません。   フェンスの網目を10cmにしていますので、ウリボーも侵入することはできません。


製品規格
耐久年数・・・約10年

※表面をメッキ加工すれば約15年
(注)メッキ加工別途費用
・支柱鉄筋、持ち上げ防止のアンカー筋を使用します。

NHKの「ご近所の底力」(2006/9/25放送)で取り上げられたフェンスを参考にして上記の規格で製造しました。
忍び返しとして、既にフェンスを曲げてありますので、設置するだけの施工簡単なフェンスです。

HPアドレス
http://www.nhk.or.jp/gokinjo/backnumber/060925.html
 
特徴
鉄線強度は440N/mm 2 あるので、フェンスを破って進入することはありません。
網目を10cmにすることでウリボーの進入を防げます。
忍び返しがあることで、イノシシがフェンスを跳び越え難くします。
アンカー筋でフェンスと地面を固定するので、網を持ち上げて進入できなくなります。
トタンや電気柵の耐久性、経済性の問題を全て解決しました。
1枚のフェンスの重さは約4kgなので急傾斜での持ち運びに便利です。
自治体から補助金の対象になる地域もあります。
 
忍び返しの実力
高さ1mのフェンスを跳び越えられます。   忍び返しがあると、距離が近く感じ後退します。   忍び返しが跳べる距離まで下がると、今度はフェンスまでの距離があるので跳べません。
イノシシは助走を付けてジャンプするのでは無く、跳躍地点で目的物を跳び越えられるかを一度立ち止まって考えてからジャンプする特性があります。
忍び返しがあることで、フェンスが高く感じ(錯覚をおこし)、跳躍地点を後退させます。
後退した地点からですと、飛距離があるためにジャンプ不可能と判断して諦めてしまうのです。
よって、高いフェンスを設置せずに、効率よくイノシシを防げるのです。

〈注意事項〉
このフェンスによって100%イノシシを防げる保障はありません。
地域によって錆の進行具合が異なりますので耐久年数はおおよその目安です。
結束線の錆、疲労によりフェンスと鉄筋の固定が緩むケースがありますので年に2回は点検をして下さい。
フェンス付近の草刈は年に2回は実施して下さい。イノシシが寄り付かなくなります。
 
昭和産業株式会社
本社営業所   TEL 0296-28-1234   FAX 0296-28-1367
東京営業所   TEL 03-3632-6311   FAX 03-3632-6316
北関東営業所   TEL 0270-24-4455   FAX 0270-24-4712