製品案内
かご工
コンクリート舗装資材
Pca向け部材加工
コンクリート2次製品向け部材
その他土木資材


安定計算ページはこちら
資料請求ページはこちら
会社登録ページはこちら


 かごマット (INDEX)  
  かごマット工法技術推進協会正会員

河川は人々の生活に最も身近な自然空間で、そこには多くの生物が生息しています。
近年、河川の汚染が問題になる中、従来の治水優先の川づくりから、自然環境と調和のとれた川づくりが求められています。
かごマットは、大雨、洪水等による河川が氾濫した場合などの自然災害により河川護岸部が崩壊したなどの災害が発生した時、その被災した部分の護岸を修復することを目的とした河川災害復旧工事に採用されている低水護岸工法の一種であり鉄線かごを用いた石詰構造体であることが特徴です。
現在は災害のみならず改修、維持工事は勿論、道路工事、農林土木、治山工事、砂防工事などに広く利用されてきています。

 
写真
※スロープ式と多段式の2タイプがあります。

 かごマット工法の特徴

  1. 安全な護岸をつくります。
2. 効率の良い施工ができます。
3. 生態系にそった川づくりが可能です。

 かごマット規定

  かごマットに関する種々の規定は、国土交通省「特記仕様書」にてその金網に対する材質・規格・仕様が明記されており、その仕様書に基づき、かご網が作られています。一般的なJIS管理はなされていないJIS外品です。

 粗面めっき鉄線

  かごマットの据付け作業中及び完成後の歩行者の滑りに対する安全性を高めるために、「滑り難い鉄線」すなわち「粗面めっき鉄線」が開発され、蓋網に使用されています。

写真


スロープタイプ
多段タイプ
シーサイドかごマット


表組